ゲーム情報全般

『ニードフォースピード』シリーズのおすすめ紹介。各作品の特徴もあり。

ニードフォースピードシリーズ アイキャッチ画像

今回はEAの人気レーシングゲーム・ニードフォースピードシリーズ(Need for Speedシリーズ)の現行作品6本それぞれの特徴をご紹介します。

  • ニードフォースピードはどんなタイプのレースゲーム?
  • 発売順にプレイするにはどの順番でプレイすればいいの?
  • 全部プレイする時間はないから、一作品プレイするならどれ?

私は現行のニードフォースピードシリーズを2021年に全作品プレイしました。

その記憶が薄れないうちに各作品の特徴をご紹介します。

またニードフォースピードシリーズそれぞれの作品の違いなどを記載。

この記事を読めばあなたにピッタリなニードフォースピード作品が分かります。

あなたにピッタリなニードフォースピードはこれ!

ニードフォースピード最速?

ニードフォースピード最速に車?

2021年現在に発売中(サービス継続中)のニードフォースピードシリーズは6作品です。

6作品のなかで、あなたの条件に合う作品をご紹介!

発売順にプレイしたい方はこの順番

  1. Need for Speed 『Most Wanted』(2012)
  2. Need for Speed 『Rivals』(2013)
  3. Need for Speed (2015)
  4. Need for Speed 『Payback』(2017)
  5. Need for Speed 『Heat』(2019)
  6. Need for Speed 『Hot Pursuit Remastered』(2020)

・6の『Hot Pursuit Remastered』は2010年に発売された同名ゲームのリマスター版です。

画質の向上やオンラインマルチのクロスプラットフォーム化などがなされています。

しかしゲーム内容やゲーム性自体は2010年と変わりませんので多少古さがあります。

その点が気になる場合は一番始めにプレイすることをオススメいたします。

ストーリーを重視してプレイしたい

  • 実写ストーリーなら『Need for Speed』(2015)
  • キャラストーリーなら『Payback』(2017)

ニードフォースピードシリーズのストーリーは全体的にB級アクション映画の様な感じです。

個人的感想ですが、どの作品も似たり寄ったりで、とても面白いと思ったストーリーはありません。

上記2つは強いて言うならといった感じのおすすめです。

とにかくいろんな車種を使用したい

  • 『Most Wanted』(2012)

他作品ではお金やポイントを貯めて車を購入するが、Most Wantedではマップ上に点在する車を発見するだけで使用可能になる。

登場する車種自体は多くはないが、いろいろな車種に簡単にゲットできるのが『Most Wanted』です。

不特定多数の人とオンライン対戦したいなら…

不特定多数の人とオンラインレースをしたいなら、ハッキリ言ってニードフォースピードシリーズはあまりおすすめできません。

あまりおすすめしない理由は、どの作品も発売から時間が経過してオンライン人口が少ないからです。

全作品共通して、まったく人がいないわけではないので、時間帯や対戦モードにこだわらないならある程度は楽しめます。

しかし好きな時間帯や好みの条件でいつでもオンライン対戦できる状態ではないとお考え下さい。

Heat』は比較的にプレイ人口も多く、マップ上で他プレイヤー遭遇できます。

しかしHeatはオンライン対戦のモードが少なく、不特定多数と対戦できるモードがないのです。

一緒にプレイするフレンドがいるなら、どの作品でも楽しめるとは思います。

詳しいオンライン状況を知りたい場合は後述する各作品のレビュー記事をチェックしてください。

外装カスタムにこだわってカッコイイ車を操作したい場合

  • 『Heat』(2019)

外装カスタムにこだわりたいなら『Heat』がおすすめです。

細部までカスタムできる仕様はとても素晴らしく、マフラーの排気音まで調整できるから驚き。

次点で『Payback』こちらでもかなりカスタム可能です。

ニードフォースピードシリーズの特徴

ニードフォースピードヒートのガレージ画像

Heatのガレージより!

ニードフォースピードシリーズの共通する特徴は非現実挙動だということです。

全作品ともゲーム挙動(アーケード挙動)で現実挙動(リアル挙動)のゲームとは違います。

他車との接触は普通です。接触ペナルティなどはありません。

壁やガードレースとの接触でも減速しにくい仕様です。

グランツーリスモなど現実挙動のゲームとはまったく違います。

 

ストーリのある作品はすべて独立した物語です。

続きものではないので安心してプレイしてください。

各作品を簡単にご紹介!

Need for Speed 『Most Wanted』(2012)

 

Most Wanted(2012)は2005年発売の同名ゲームを大胆リメイクした作品。

開始直後から高性能な車に乗れる珍しい仕様。

特徴

  • ストーリーはなし。
  • 使用可能車種は少なめだがDLCで増車可能。
  • 外装カスタムやセッティングは不可。
  • MTなし。
  • オープンワールド。
  • 車種ごとにレースイベントが設定されている。
  • 様々な車種をどんどん乗り継がないとゲームが進行しない。
  • オンラインマルチ対戦はほぼマッチングしない。
詳しいレビュー記事はこちら
ニード・フォー・スピード モストウォンテッド アイキャッチ
Need for Speed Most Wanted(2012)をレビュー!

続きを見る

Need for Speed 『Rivals』(2013)

 

Rivals(2013)は警察とレーサーの戦いに特化した作品。

警察側とレーサー側を自由に選択してプレイできます。

スパイクベルトなどのガジェットを使用して戦う格闘レースゲームです。

特徴

  • ストーリは一応あるがかなり薄い内容。オマケ程度。
  • 使用可能車種は少なめ。スーパーカーが多い。
  • MTなし。
  • 基本的に常時オンライン接続のオープンワールドマップ。
  • 純粋なレースは少なく、戦うレースが多い。
  • 車の耐久度を示すメーターが実装されている。
  • レーサー側の塗装変更のみ可。セッティングやカスタムは不可。
  • オンラインはそこそこマッチングする。
詳しいレビュー記事はこちら
ニード・フォー・スピード ライバルズ アイキャッチ
Need for Speed 『Rivals』を2021年に評価&レビュー!

続きを見る

Need for Speed (2015)

 

Need for Speed (2015)は実写のストーリーが魅力な作品。

ストリートレーサーが主人公。夜の街が舞台で昼間は走行できない。

特徴

  • ストーリーがある。実写で雰囲気は良いが内容自体は微妙。
  • 使用可能車種は少なめ。スポーツカーが多めでスーパーカーは少なめです。
  • MTあり。
  • 基本は常時オンライン接続。オープンワールド。
  • レースイベントの種類が豊富。団体ドリフトなど珍しいルールもあります。
  • カスタムやセッティングも可能。
  • オンラインマルチの状況はパラパラと人がいる程度です。
Need for Speed キャッチ画像
『Need for Speed』(2015)をレビュー。映画の様な実写ストーリー!

続きを見る

Need for Speed 『Payback』(2017)

Payback(2017)はB級映画の様なストーリーが特徴。

車の強化システムが一部では不評です。

用途ごとに車の育成が必要となる。

特徴

  • ストーリーあり。B級アクション映画の様な内容。
  • 使用可能車種は少なめ。珍しくトヨタ車が使用できる。
  • MTあり。
  • 基本は常時オンライン接続。オープンワールド。
  • 外装カスタムがとても充実。
  • 敵の強さを変更可。
  • ゆっくりドライブにも良いマップ。
  • オンラインマルチの状況は人口はあまり多くない。夜に多少マッチングする。
詳しいレビュー記事はこちら
ニードフォースピードペイバック アイキャッチ画像
ニードフォースピード『ペイバック』のレビューと評価『Payback』

続きを見る

Need for Speed 『Heat』(2019)

Heatは実質的なニードフォースピードシリーズの最新作。

マフラーの排気音まで変更できる異常なほどのカスタム要素。

オンラインマルチプレイがクロスプレイに対応しています。

特徴

  • ストーリーあり。主人公がアバター制。内容は微妙で薄い。
  • 使用可能車種は多い。
  • MTあり。
  • オープンワールド。常時接続でもオフでもあまり変わらない。
  • 外装カスタムは最高レベル。
  • 難易度設定できる。
  • 警察は最強レベルで手ごわい。
  • オンラインの状況は結構人がいる。
詳しいレビュー記事はこちら
ニードフォースピード ヒート アイキャッチ画像
ニードフォースピード『ヒート』を評価&レビュー!昼と夜を制覇する。

続きを見る

Need for Speed 『Hot Pursuit Remastered』(2020)

 

Hot Pursuit Remasteredは2010年発売の同名タイトルのリマスター版。

リマスターによりグラフィックの強化やクロスプレイ対応になっています。

しかしゲーム内容自体は2010年版と変わらないです。

レーサーと警察両方のサイドでプレイする。

特徴

  • ストーリーなし。
  • 6作品の中で唯一オープンワールドではなくミッション制。
  • 使用可能車種はやや多め。
  • MTなし。
  • 敵が強いが難易度変更なし。
  • ジャマーやロードブロックなどガジェットを駆使して戦う。
  • オンラインマルチの状況はそこそこマッチングする感じ。
詳しいレビュー記事はこちら
ニードフォースピード ホットパースートリマスターアイキャッチ画像
Need for Speed Hot Pursuit Remasteredを評価&レビュー

続きを見る

ニードフォースピードシリーズのまとめ

現在発売中のニードースピードシリーズ6本を紹介しました。

全作品プレイした私の個人的感想は「大当たりの作品は特にないが、大ハズレの作品もない」

最高に面白いと思った作品はなかったです。

しかしどの作品も一定のレベル以上のデキで楽しめました。

  • ストーリー重視なら『Need for Speed』か『Payback』
  • いろんな車を気軽に乗りたいなら『Most Wanted』
  • 外装カスタムにこだわるなら『Heat』

一応用途別のおすすめは上記です。

しかしどの作品もゲーム自体のデキは横並びなので、あとは個々の好みだと思います。

Most Wantedを作った会社のレースゲーム
バーンアウト パラダイス リマスター アイキャッチ画像
『Burnout Paradise Remastered』をレビュー!

続きを見る

今回の記事はこれにて終了です。ありがとうございました。

たへい
レースゲームが好きならどの作品でも問題なく楽しめると思うよ。

スポンサーリンク

-ゲーム情報全般

© 2022 たへいのPCGame情報